So-net無料ブログ作成

黒子のバスケ第16巻感想(ネタバレ危険) [黒バス第16巻]

 前巻最後に青峰、火神ともに
「ゾーン」に、入った!

 無我の境地に入った二人の勝負はどちらに軍配が上がるのか!? 二人のゾーン対決は、両者一歩も譲らず!
 一分近く点が入らない両チーム!

 しかし、決着は突然訪れる!

 青峰のゾーンが、タイムリミット!
 火神に母袋ムリミットは来ていたが
仲間の力で一枚上手だったーーーーーー!

 残り30秒で、ついに一点差だーーーーーー!

しかし、最後の力を振り絞った青峰がアクロバットシュートを決める!
残り15秒3点差! 万事休すか?????

しかし、誠凛も食い下がりシュートを決め且つファールをもらう!
1点差ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

フリースローが決まれば同点!
しかし、誠凛にもう余力はない!
リバウンド勝負だ!

リバウンドは、青峰がとった!!
しかしこぼれ球は黒子だあーーーーー!
火神へのパスが通る!
火神のダンクが決まった!!!

試合終了!!!!!
誠凛勝利!!!




その後黒子は青峰にシュートの特訓を頼む
火神はアメリカ時代の恩師に最後の仕上げをしてもらう。

そして、次の試合に「中宮南」戦に臨む。

黒子、火神を温存し、且つ桐皇に勝って気が抜けたのか
大苦戦を強いられる。

が、リコの気合いのびんたで目が覚め、苦しみながらも勝利!!

3回線も苦しみながらも勝利し、準々決勝へ!!

いよいよ、奇跡の世代「紫原」と、火神のアメリカでのライバル「氷室」
のいる「陽泉」だ。

攻撃型チームの「誠凛」対 鉄壁の守りの「陽泉」との
矛盾対決だーーーーーーーー

次号を待て!

第十五巻のネタバレ感想はこちら

第十七巻のネタバレ感想はこちら

スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。