So-net無料ブログ作成

黒子のバスケ第17巻感想(ネタバレ危険) [黒バス第17巻]

 いよいよ、2,3回戦を、無失点で勝ってきた。
絶対防御の「陽泉高校」との対決だーーー! いよいよ誠凛とは真逆のチーム
絶対防御の、陽泉との対決。

 また、誠凛 木吉の因縁の相手紫原との対決や、
火神の因縁の相手、氷室との対決。

 且つ、黒子対紫原(奇跡の世代の一人)も見物だ!

 誠凛が、開始早々そっこーで攻めるが、
2メータオーバー3人は早々抜けない!!

 先取点は陽泉だあーーーーー!

 陽泉は、自陣のゴールしたは紫原が、
どっかりと居座り鉄壁のガード。

 そのおかげで攻めに集中できる。
 ピンチだ誠凛!!
 うわーーーー!また、陽泉の攻撃、あぶなーーい!

 陽泉のダンクを後ろから、木吉が、バイスクローール!

*バイスクロー
バスケットボールのワンハンドキャッチする事を言う。

 木吉の大きな手&握力強化の成果がここに!!!!

 しかし、第一クオーターは18対0で、陽泉リードで終わる。

 そして、第二クオータが始まる。

 ここで、黒子の秘密兵器、何と黒子のシュートだーーーーー!
 それも、ドライブ同様、消えるシュートだーーーーー!
 その名もファントム(幻影)シュートーーーーーー!

 黒子のシュートが決まり、陽泉今大会はっ失点だ!
 青峰との特訓の成果がこれだーーーー!

 第二クオーター誠凛17 対 陽泉29 12点差で終了!

 第三クオーターは火神を途中で引っ込めて
頭を冷やさせ、クールダウンしたところで、
再度、氷室との対決だあーーー!


第十六巻のネタバレ感想はこちら

第十八巻のネタバレ感想はこちら

と言うところで、18巻に続く!!1 くそっ!

早く続きを読みたい人は電子書籍が一番だね!
大人気楽天kobo


スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。