So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

黒子のバスケ第26巻感想(ネタバレ危険) [黒バス第26巻]

 黒子の話は終わり、考えさせられる
誠凛の部員達。

 その後、選手達はそれぞれのスタイルで
決勝戦を待った。 さあ、いよいよ運命の決勝戦の始まりだーーーーー!

 各チームの紹介も終わり戦とうスタート!

スタートのジャンプボールを、
誠凛はいつもの木吉ではなく、
火神が行い、まずは誠凛ボールだ!

とったボールを黒子の「加速するパス廻」が炸裂する。
しかしパスの相手は、火神ではなく日向だった。

残念!パスファンブル。
しかし転がっている方向が良い。
そのまま一句にシュートだあーーー!

しかし阻まれてしまう! ドンマイ!日向!

リバウンドをとった洛山の速攻!
それを、火神が止める。

今度は反対に誠凛の速攻だーーー!
火神早い!
しかし前に立ちはだかるのは赤司だ!!!

しかし粋なる、流星のダンク!!!が決まったーーーーー!

うおおおーーー!
粋なる火神は、ゾーンに入ってるぞーーー!

一機に行く火神!

忠誠のダンクの連発だーーーーーーー!

誠凛は、ゾーンに入った火神を攻撃に専念させるため、
黒子を下げ2年生の水戸部を入れる。

調子に乗る火神を止めるために洛山は、火神に
赤司をつけてきた!

さあ!どうなる!

火神、赤司の天帝の眼wp交わして灯を抜いたーーー!
かに見えたが!?
流星のダンク!!!
はっはずれたーーー!
これが赤司の力だ!
わざと抜かせるようにプレイをしていたのだ、
その結果ダンク失敗!

さらに、黒子のパスが思うように通らない!?
もうミスディレクションが切れたのか!

いや、黒子自体が、目立つ技を繰り出してきていたため
目立つようになっていたのだーーーー!

どうする黒子! どうする誠凛!!


第二十五巻のネタバレ感想はこちら

第二十七巻のネタバレ感想はこちら

 待てない人は、、電子書籍 大人気楽天kobo
で読むか、
全巻コミック.com
で漫画買ってね!。

スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。