So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

黒子のバスケ第30巻感想(ネタバレ危険) [黒バス30巻]

黒子と火神で、赤司を止めた誠凛!

さあ、反撃だ!!!一気に攻め込む火神!

止めに入る赤司。

また、黒子とのコンビネーションで、赤司を抜いた!!

アリウープだーーーー!

ついに赤司をぶっ飛ばしゴールが決まったーーー!
凄いぞ光と影のコンビネーション!!

当然何が起こったのかとぼう然とする洛山のメンバー。
負けるはずの無い皇帝赤司が、負けたのだから当然だね。

だけど、試合はまだ終わっていない!
まだ、12点負けているのだから。
がんばれ誠凛! 逆転するんだーー!

ゾーンがきれ、さらに意気消沈した赤司の連続ミスで、
ついに6点差まで追いついてきた誠凛。

このままならイケるぞーー!
しかし、火神もすでに限界になっていた。

しかし、怒濤の攻撃で後1ゴール、
2点差まで追いついた。

そんな時、赤司の意識の中の奥深くに眠っていた、
もう一人の本当の赤司が目覚める!

元に戻った赤司の正確なパスにより、
洛山のメンバー全員がゾーンにはいった!

何と、完璧なパスが各選手に渡ることにより、
完璧なリズムが生まれたためだった。

がんばれ誠凛!

しかしついに、火神のスタミナが切れた。
黒子も、他のメンバーもスタミナ切れだった。

そんな時、黒子の親友「荻原」が声援を送る!
しかも、中学の時に完璧に潰されていたのに、
バスケを続けていたんだ!!

それに、共鳴するかのように、青峰が、黄瀬が、
緑間が、会場全体が誠凛を応援し始めた!
(紫原は、照れて応援しなかった orz)

がんばれ! 誠凛!!

試合再開、誠凛選手の動きが変わった!

一瞬の隙をついて、洛山が攻撃を仕掛けるが、
誠凛ボールを奪う!

誠凛、全員が一丸となっている。

是認が火神に動きを合わせている。
これがゾーンを超えたゾーンだ!

残り41秒!赤司のゴールが決まる。
7点差だーーーー!

負けるな誠凛!

何とか、火神の3Pが決まり4点差!
残り27秒!

残り8秒!
誠凛がボールをとったーー!

時間がないどうする誠凛。

ここで、伊月から日向にパスが通った。
日向には実淵が付いていた。

ここで3Pが決まっても1点差。
打たせたほうが良いと判断するが、
自然とガードに飛ぶ実淵。

その時、日向は、以前実淵にやられた
ファールを、仕掛けた、

実淵からフォールをもらいゴールも決まった。
1点差でワンスロー!

時間がないので、スローは決めては同点。

延長までの体力の無い誠凛は、
リバウンド勝負にでる。


リバウンド!
取ったのは誰だ!

木吉がとったーーーー!

さあ、誰がラストシュートを打つ!?

幻のシックスメン黒子だーーー!
赤司が止めに入った。

最後黒子のシュートを火神が押し込んだーーー!

優勝誠凛ーーーー!



最後に仲間の大切さに気付いた
赤司が、黒子達におめでとうを言い、
次は、俺達が勝つと宣戦布告したのだった。

丁度30巻で終わったね。

でも、仲間の大切さを知った、他の「奇跡の世代」
との対決もみたいよね。

全員、土壇場で少しそんな意識が出ていたけどね。

第二部が有ることを期待しつつ藤巻先生お疲れさまでした。

第一巻のネタバレ感想はこちら

ファンブック第二弾のネタバレ感想はこちら

 過去分が気になった人は、電子書籍 大人気楽天kobo
で読むか、
全巻コミック.com
で漫画買ってね!。

スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。